プロペシアで本格的なAGA治療をはじめよう

AGA(男性型脱毛症)治療に、プロペシア(フィナステリド)が注目されています。プロペシアは、薄毛治療の専門医へ行けば処方してもらえます。

 

AGAの治療には、プロペシアに代表される「フィナステリド系医薬品」が、効果があるとされています。もちろん誰にでも効果が期待できるとは限りません。効き目がない方もいるでしょうし、副作用が強く出てしまう方もいるかもしれません。残念ながら、プロペシアも万能薬ではありません。

 

しかし、効果があるのかないのか分からないような育毛剤と違い、プロペシアは、多くのAGAで悩んでいる方に効果があることは実証されています。本気でAGAを治そうと考えるなら、クリニックでプロペシアを処方してもらい、服用することが、今のところベストといえるでしょう。

 

薄毛を受け入れて何もしないのも一つの選択肢には違いありません。ある程度の年齢になれば、そういう選択もあるでしょう。しかし、多くの方は、やはり薄毛を何とかしたいと考えるでしょう。

 

薄毛・抜け毛対策をしようと思えば、あなたには5つの選択肢があります。

  1. 育毛剤を使う
  2. カツラを着用する
  3. 増毛する
  4. 自毛植毛する
  5. プロペシア(フィナステリド)を服用する

 

薄毛の原因によっては、市販の育毛剤で効果の現れる方もいるでしょうが、残念ながらAGAには、効果を望めません。

 

カツラは便利ですが、良いものだと高価だし、維持費が高くつきます。増毛もすぐに髪の毛を増やすことができますが、メンテナンスが大変です。

 

植毛は、外科治療です。髪の毛が抜けてしまったところに自分の毛根を植え付けるので、自分の髪の毛が生えてくるようになりますが、外科的治療となると思い切りもいるでしょうし、費用もかかります。

 

それに対してプロペシアは、内服薬です。ただし、服用をやめると効果はなくなるといわれています。ミノキシジル外用を併用すれば、比較的手軽に薄毛・抜け毛治療ができます。

 

もちろん、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

薄毛に悩む日本人男性は800万人以上といわれます。その多くが、AGA(男性型脱毛症)です。あなたがAGAであれば、プロペシア内服やミノキシジル外用は有力な選択肢となるでしょう。あなたにあった最良の方法を選んでください。

 

育毛剤を長年使っているけど全く効果を感じられないなら、AGAの可能性もあります。そういう場合は、薄毛治療専門クリニックで診てもらいましょう。あなたにあった治療薬をオーダーメイドで処方してくれるクリニックもあります。

 

 

 

2016/07/21 16:09:21 |

ミノキシジルは、リアップやロゲインに含まれている発毛作用のある薬用成分です。ミノキシジルは、もともと血管拡張作用のある医薬品として開発されましたが、体毛が濃くなるという副作用が発見されたことから、発毛薬として再開発されたのです。

2016/07/21 15:30:21 |

プロペシア(フィナステリド)は、AGA治療に有効な内服薬ですが、服用にあたっては十分な注意が必要です。プロペシアの服用法と注意点をまとめておきます。

2016/07/21 14:25:21 |

フィナステリド(プロペシア)を服用すると、まれに、性欲減退、勃起機能不全、頻尿、頭痛、腹痛、下痢などの副作用があるとされています。ただし、服用をやめれば副作用もなくなります。

2016/07/21 12:26:21 |

フィナステリドとは、AGA治療に効果的とされる薬の成分です。フィナステリドという成分名よりもプロペシアという製品名の方が広く知られているかもしれません。プロペシアとは、フィナステリド系の代表的なAGA治療の医療品の名前です。日本でも認可され、注目されています。

2016/07/21 11:31:21 |

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、「男性型脱毛症」ともいいます。AGAは、成人男性によくみられる薄毛で、思春期以降に「額の生え際」や「頭頂部」の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。